So-net無料ブログ作成

確率は収束する・・・って言う話は気にすんな! [勝つ人、負ける人]

こんにちわ!サークです

よく、確率は収束する、
なんていう話を聞くんです。

パチンコの話で。

でも、

それって、どのくらいの期間の話をしているのでしょうか?

ずーーーーーーっと同じ台を打つのであれば
話しもわかるんですけど、

一日に数時間しか行かないような
我々サラリーマンは

そんなこと考える必要、全くないです。

ついさっき連荘した台が、
すぐにまた当たりを引き、爆連することもある。

逆に、

ついさっき連荘した台が
次回の当たりまでめちゃくちゃはまる。

そんなものです。

確率が 1/6 のサイコロくらいだったら、
確率の収束はあるかもしれません。

確率の収束がどうだという情報に
惑わされると、

「確率の収束があるから、そろそろ当たるはずだ!」

という思考に陥ります。

その思考は危険です。
負けているときは特に。

傷口を広げる結果になります。

その状況ちょっと考えてみてください。

きっと冷静な判断ができなくなっていると思います。

1,000円当たりの回転数が明らかに少ないことがわかっても、

「確率の収束・・・」なんて
考えていると、その台から離れられないでしょ?


パチンコは、
あくまで、一回一回の抽選が
独立したもの、

というプログラムがされている「らしい」ので、


「確率の収束」よりは、

「1000円あたりの回転数」に

こだわった方が、よっぽど合理的です。

私の場合は、

貯玉100玉あたりの回転数にこだわります。


ホントは、機種ごとに、回転数のボーダーラインが
あるのでしょうが、

そんなものいちいち調べるような面倒な作業、

したくないし、

それでも十分勝ててるから問題なし、ということで。

(それが面倒でないという人であれば、

 私なんかよりぜんぜん勝てるでしょうね(^^)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。